Stillpointについて

ホメオパス・藤田さおりプロフィール

Stillpoint 代表 藤田さおり

絵と歴史と手芸と音楽と英語、そしてホメオパシーが好きな、

のんびり屋のホメオパス。
子供の頃から外国の生活や文化に憧れ、高校生の時、

アメリカ・オクラホマ州の高校に1年間留学。
この高校で心理学の授業を受けたことがきっかけで、

人の心のあり方、人の生き方に強い興味を持つようになる。
元々絵が好きなことが高じて、大学では日本美術史を専攻し、

卒業後はギャラリーで働く機会にも恵まれたが、体調を悪くし退職。
自分の心と体が思うようにならず、様々な本を読み、心と体が

つながっていることにこの頃から気づき始める。


結婚・出産後、子供の病気や自らの心の問題に悩んでいたが、夫の留学に伴いイギリス滞在中に

ホメオパシー療法と出会い、全てが良い方向へ転換する経験をしたことから、帰国して数年後、

ロイヤル・アカデミー・オブ・ホメオパシーに13期生として入学。
2013年にホメオパスの資格を取得し、ホメオパスとしての活動を開始。

 

☆JPHMA(日本ホメオパシー医学協会)認定ホメオパス No.803☆

 


ホメオパシーと私のお話

子育てがうまくいかない

専業主婦となり、2人の幼い子供達を育てる中、大きな壁にぶつかり

ました。


ひとつは子供達の健康問題。
娘は元々風邪を引きやすい体質だったのが、肺炎を患って以降、風邪を

引いてはこじらせて、レントゲンと抗生物質が定番のコースに。

息子は、赤ちゃんなのに体が青白く冷たくていまひとつ元気がなく、

写真を撮っても眉間に皺のグレた表情。さらに、1歳まで夜中は1時間ごとに起きる人で、

睡眠不足の私は過労でほぼゾンビ状態に・・・。


もうひとつは、私自身の心の問題。
ママ友達の輪にもうまく入れず、また、子供を真っ当な人間に育てねば、私のような人見知りの

人間にしてはいけないと思うあまり、子供にきつく当たっては自己嫌悪に陥る毎日。
子育てが苦痛なだけでなく、自分自身を責めて嫌うという悪循環にどっぷりはまってしまい

ました。


テレビからホメオパシーが

そんな頃、夫のイギリス留学のため渡英を1ヶ月後に控えたある日、テレビで「世界ふしぎ発見」を見ていたところ、冒頭でホメオパシーのことが紹介されたのです。
鍼灸の先生から、「この子(娘)は、このままだと薬と縁が切れなくなるよ」と言われ悩んでいた私は、渡英のあかつきには、テレビで5分ほど見ただけの得体のしれない療法に賭けてみようと

決めました。


異国の地でホメオパスにかかる

渡英してすぐにホメオパスを探し、母子でかかるようになりました。


3歳前に肺炎にかかって以来、1年中ほぼ途切れることのなかった

娘の咳が ホメオパシー治療を始めて半年後の5歳の夏に初めて止まり、

息子は、イギリスに遊びに来た私の母が「この子変わったわね」と

言うほど、エネルギーいっぱいのやんちゃ坊主に変身したのです。


そして私。子育てが苦痛、自分が嫌い、あの悲しい出来事、この悔しい出来事が

忘れられないという私の話を、ホメオパスはいつもじっと聴いてくれました。

そして、彼が処方してくれたホメオパシーのレメディーを摂るたび、薄皮をはがすように、

私は自分の心の中・・・自分が本当はどう感じているのか、自分は本当はどうしたいのか・・・が

以前よりわかるようになっていきました。


新しい生活、新しい道

帰国後、新しいホメオパスにかかるようになり、子供達はさらに元気に。
イギリス在住時から、日常の病気、不調は、ホメオパシーのセルフケアキットで対処する

ようになり、いつのまにか病院に行くこともなくなってしまいました。
私はというと、数ヶ月に1度ホメオパスに会いに行き、いろいろな話をする中で、

自分の中の思い込み、必要のない価値観等に気づき、少しずつ、それを手放していったのです。
ホメオパスは、その私を何年もの間、じっと見守り、支えてきてくれました。

ホメオパシーの効果、不思議さに魅了されてしまった私は、

ロイヤル・アカデミー・オブ・ホメオパシー(RAH)で学ぶことを決意。
在学中の4年間は、ホメオパシーの勉強の難しさもさることながら、それまで以上に自分自身の

内面に向き合う日々が続き、つらいことも多々ありました。
しかし、この経験が、今の私の礎であり、宝物になっています。


ホメオパスとして

私は、ホメオパシーという療法から、そして、出会った素晴らしい

ホメオパスから自分や子供達が受け取ったものを、ここで止めてしまい

たくない、同じように心身の不調に悩む方達に渡したいという思いで、

ホメオパスになりました。
心と体を元気にして自分の人生を大切に生きていけるように、私自身も

日々つとめつつ、皆さんのお手伝いをさせていただければと思っています。

私の好きな言葉です:
Sing your own song!  自分だけの歌を歌って!

Stillpointの名前の由来

静かで穏やかな空気、石造りの小さな建物・・・
イギリスの古都バースにある自然療法クリニック 「Stillpoint」には
いつも暖かく私達を迎えてくれるホメオパスやセラピストがいて、
私が心から安心できる場所でした。


私がホメオパスとして活動するにあたり、

バースの本家Stillpointの皆さんのように、

クライアントさんを暖かく迎えたい・・・そんな願いを込めて、
私のホメオパシーセンターをStillpointと名付けました