体験談

急性の症状

おうちに常備してあるレメディーのセルフケアキットで対処したケースを

ご紹介します。
急性症状に適応するレメディーはたくさんありますので、ケース中に出てくる

レメディーは一例です。

 

 ☆ホメオパシーのセルフケアキット:

   急病や急なケガなどの時に自分でレメディーを選んで使えるレメディーセット。

   ホメオパシーのレメディーの販売店や通販で購入することができます。

 

嘔吐下痢 (男児・8歳)

冬のある日、突然ドーッと吐いて、下痢も始まった。
アーセニカムというメディーを摂ると、さらに2回ほど吐いた後、嘔吐は
ぴたりと止まった。
その後もレメディーをリピートするたび、トイレに駆け込んで下痢をしたが、
全て出し切ったのか最後はすっきりしたような顔で寝てしまい、

翌日はもう嘔吐も下痢もなかった。

 

耳痛 (女児・4歳)

夜中、突然起きて泣き始め、耳の中が痛いと訴えてきた。
急性の中耳炎かと思い、アコナイトというレメディーを数回摂らせたところ、
痛みが引いたようで、スーッと眠りに戻り、それ以降、痛みを訴えることは
なかった。

 

熱中症 (男性・40代)

真夏の昼間にお墓参りに行き、歩き回って帰ってきたところ、夜になって、
39度の熱が出た。
顔が真っ赤でとても熱いが、手足は冷えている。
ベラドンナというレメディーを数回摂ったところ、寝ている間に大量の
汗が出て、翌朝には37度台になり、昼までに平熱に戻った。

 

切り傷 (女性・30代)

缶詰の開け口で、ざっくり指を切ってしまった。
ミュリフォリュームというマザーチンクチャー(植物エキスのチンキ)を
水に混ぜ、ティッシュに浸して傷口に当てると、すぐに出血は止まった。
その後、カレンデュラというレメディーを数回摂り、同じくカレンデュラの
クリームを塗って絆創膏を貼っておくと、傷口はきれいに塞がり、跡が残る
こともなかった。

 

打撲 (女児・5歳)

部屋ではしゃいで走り回っているうちに、ドアに激突して、頭にたんこぶが
できてしまい、痛みとショックで大泣き。
すぐにアーニカというレメディーを数分ごとに摂らせたところ、
30分後には「もういたくない。打ったのはどこだった?」と言い、
たんこぶの位置もわからなくなっていた。

 

歩いた後の疲れ (女性・60代)

旅行が好きだが、すぐに歩き疲れて足が痛くなり、いつも日程の後半は
こなせずホテルで休んでいた。
今回の旅行では、ラストックスというレメディーを毎日朝と就寝前に
摂り続けたところ、毎日痛みもなく歩き続けることができて、とても
嬉しかった。

 

寝付きが悪い (小学生の兄弟)

明日は遠足、明日は運動会、という夜は楽しみでワクワクして、なかなか
眠ることができない。
コーヒーから作られたコフィアというレメディーを摂ると、すぐに
眠れることがわかったので、それ以来、イベント前日で眠れない時は
自分でキットからコフィアを取り出して摂るようになった。

慢性の症状

相談会を受けることで良くなっていったケースです。

 

アトピー性皮膚炎・呼吸器疾患 (女児・9歳)

2歳くらいまでアトピーのような皮膚に発疹ができて痒がるため、
非ステロイド剤・ステロイド剤・抗炎症剤を使って対処してきたが、
発疹が出なくなった頃から風邪を引くと気管支炎や肺の炎症を頻繁
起こすようになり、喘息の一歩手前との診断も受けた。
ホメオパシーを始めて風邪の頻度は減ったが、風邪を引くと必ずひどい
咳が長く続くため、相談会を受けたところ、ステロイド剤など薬の害を取る
レメディーを処方された。
レメディーを摂り続けると体にとても痒い発疹が出て、さらに高熱が出て、
熱が下がると発疹がきれいに消えた。
その後、風邪を引いても咳が長引かなくなり、楽に経過するようになった。

 

便秘 (女児・13歳)

この数年、2、3日に一度しか排便がない。
気がつくと、4日ほど間隔が開いてしまっていることもある。
数日間排便がなくても全く苦痛がなく、母親はむしろその方がおかしいと
感じている。
相談会で、帝王切開で生まれていること、乳児の頃からたびたび抗生物質を
摂っていることが話すと、麻酔薬から腸が麻痺した可能性、抗生物質の摂取
から腸内細菌の環境が乱れている可能性を考慮したレメディーを出された。
レメディーを摂るうち、排便が2日に1度程度になり、2日続けて出ることも
多くなってきた。

 

歯の弱さ (男児・8歳)

親も気をつけて歯磨きをさせ、仕上げ磨きもしているが、毎回歯科検診で
虫歯を指摘されてしまう。知覚過敏もある。
歯も骨であり、体の中で骨を司る器官は腎臓であることから、腎臓の
サポートと、骨や歯が弱い根本的な体質に対するレメディーを摂り続けた
ところ、以前より虫歯になる頻度が減ってきた。
ちなみに、この子の母親も虫歯が多く、また、家系的に腎臓が弱い。

 

膝関節損傷後の炎症 (女性・40代)

膝の半月板が割れて手術をしたが、その後何ヶ月も膝に水がたまったり
赤く腫れたりして痛みが続き、日々歩くことにも支障が出ていた。
レメディーと骨のサポートのチンクチャーを摂り続けたところ、徐々に
水がたまらなくなり、腫れも引いてきた。
最後まで膝の関節がカクッとする感覚が残っていたが、それもほぼなくなり、
以前と同じように歩けるようになった。

 

慢性的な胃の不調 (女性・40代)

小学生の頃から胃が弱く、大人になってからも仕事のストレスから
胃潰瘍になりかけたことがあった。
常に胃が重苦しく、すっきりしない。
相談会を続けて受けるうちに、子供の頃から自分に対して支配的・過干渉
だった母親とずっと我慢してきた自分の関係が胃の不調の原因だと気が
ついた。次第に母親にはっきりものを言えるようになり、同時に自分が
どれだけ母親から愛されたいと願ってきたかがわかるようになるにつれて、
胃の調子もだんだんとよくなっていき、長年の胃の重苦しさが消えた。

 

手の震え・眠れない (女性・60代)

20年ほど右手の震えが続いており、お茶の入った茶碗を持っていられない。
特に人と食事をする時は緊張して震えがひどくなってしまう。
レメディーを摂り始めると、夕食時にあれこれ食事に難癖をつけてきていた
姑に対する恐怖心や怒りが心の底からこみ上げて来て、自分はこんなに
怖かったのか、こんなに怒っていたかと改めてわかった。
自分の中の姑に対する恐怖心や怒りが表に出てくるにつれて、長年の手の
震えが治まっていき、驚いたことに、夜もぐっすりと眠れるようになった。

 

身内の死去からの悲しみ (女性・50代)

長い間看病していた身内が相次いで亡くなった。
もっとこうしてあげたらよかったのではないか、自分はもっと頑張るべき
だったのではないか、最期はつらい思いをしたのではないかと考えては
つらくなり、1年近く経っても泣くことが多かった。
深い悲しみや自責の念に対処するレメディーを処方され、またホメオパスに
話をすることで、徐々に気持ちが落ち着くようになり、穏やかに
亡くなった身内のことを考えられるようになった。

 

慢性的な疲れ(女性・40代)

体力がなく、日々疲れやすくてつらい。仕事が終わるとぐったりしている。
花粉症や慢性的な胃の不調もあって、よく薬を飲んでやり過ごしてきた。
自分で食事や運動などにも気を付け、レメディーと、薬の影響を受ける肝臓
の機能のサポートなどを摂るようになってから、少しずつ体力が上がって
きたように感じ、以前よりずっと活動的になった。
相談会を受け始めて初めての春は、花粉症の症状もひどくなく、初めて
耳鼻科のお世話にもならなかった。
以前は疲れやすくて、気が落ち込むこともあったが、今はやりたいことが
たくさんあって、落ち込んでいるひまがない。

 

生理前の不調 (女性・30代)

初潮の頃からホルモンの変化に敏感で、生理の前に頭がぼーっとしたり、
胸が張ったり、食欲が異常に出たり、泣きやすくなったりするなど、
心身の調子が大きく変化する。
元々、甘いものをたくさん食べると胃腸の具合がおかしくなるのに、
特に生理前は甘いもの、中でもチョコレートが食べたくてしょうがない。
チョコレートへの強い欲求はホルモンのバランスの異常から来る場合が
あること、また体に必要なミネラルであるマグネシウム不足から来る場合も
あることから、ホルモンやミネラルのバランスを整えるレメディーを摂った
ところ、生理前にチョコレートが欲しくなることはなくなり、その他の
不調も全体的に軽くなり始めた。

 

子育てのストレス (女性・30代)

よその子と比較して、うちの子はあれもできない、これもできないと悩み、
自分の育て方が悪いのかと自分を責めたり、「なぜできないの」と子供を
怒鳴りつけて怒ったりして、毎日がとてもつらい。
相談会で自分の生い立ちを話し、レメディーを摂るうちに、自分の母親から
ダメな子呼ばわりされ怒られたこと、そのままの自分を受け入れてもらえず
悲しく悔しかったことを思い出し、ひどく泣いた。
自分の子供が自分のような「ダメな」人間になるのではという恐れから、

子供をコントロールして自分の理想通りに育てようとしていたのだと気づくと、
肩の力が抜けて、子供のそのままの姿を受け入れられるようになり、
それにつれて、萎縮していた子供も以前より明るく元気になってきた。