ホメオパシーとは


ホメオパシーって何?

☆ホメオパシーは、「同種療法」と訳される、自然療法のひとつです。


☆「症状を起こすもの(物質)は、症状を取り去るものになる」という
 「同種の法則」(=似たものが似たものを治す)がホメオパシーの

 基本的な考え方です。例えば・・・
  ・乾燥している咳(空咳)でつらい時には、乾燥地帯の砂漠に

   生えている植物、ブライオニアから作られたレメディーを摂る
  ・夜眠れなくて困っている時、不眠を引き起こすコーヒーから作られた
   レメディーを摂る
  ・高熱が出て顔が真っ赤で熱い時、発熱を起こす植物ベラドンナから
   作られたレメディーを摂る

☆ホメオパシーでは、その人一人ひとりの心と体の症状をじっくりと見ていきます。
 その人に合った、症状を起こすものから作られたレメディーを摂ることで、
 症状を抑えるのではなく、症状を心や体から出し切って病気を乗り越え、
 健康になっていくことができるのです。


ホメオパシーの始まりって?

☆今から200年ほど前に、ドイツの医師であるサミュエル・ハーネマンが、
 当時マラリアの治療に使われるキナという植物の樹皮を服用してみました。
 すると、マラリア患者ではない彼の体に、手足の冷たさ、眠気やだるさ、
 不安感など、マラリア発病時に特有の症状が現れたのです。

☆そのことから、ハーネマンは「キナの樹皮がマラリアに効くのは、そもそも
 キナの樹皮がマラリアに似た症状を引き起こすからではないか?」
 考え
ました。

☆その後も実験や検証を重ねた彼は、ある症状を引き起こす物質を非常に薄めて
 活性化(希釈振とう)したレメディーを使って病気を治す、ホメオパシー療法を

 完成させたのです。


ホメオパシーはどんな時に使えるの?

ホメオパシーは、心と体のいろいろな症状に使うことができます。

☆自分でレメディーを選んで使うセルフケアが可能なのは
 ・日常的なケガや事故:切り傷、打撲、捻挫、筋肉痛など
 ・日常的な急な病気:風邪の熱、咳、鼻水、下痢、嘔吐、湿疹など
 ・日々のちょっとした精神的なストレス、怒り、悲しみなど

☆ホメオパス(ホメオパシーの専門家)の相談会を受けた方がよいのは
 ・長年患っている慢性的な病気:繰り返す風邪や中耳炎などの感染症、
                アトピーなどのアレルギー疾患、

                様々な慢性病、体の機能の低下など
 ・長期間にわたる精神的なストレスや病気:うつ、パニック障害、

                                            子供の発達障害など

 

ホメオパシー療法の体験こちら→


ホメオパシーのレメディーってどんなもの?

☆レメディーは、砂糖玉、または液体です。

☆レメディーの原料は、自然界に存在する植物・鉱物・動物・細菌など。
 原料である物質をアルコール水で薄めて叩くことを何度も繰り返すことで、
 最後には原物質が残っていないレメディーが出来上がります。

☆原物質がない、エネルギー情報だけが入ったレメディーは、副作用が
 ありません。妊婦さんや赤ちゃん、お年寄りでも、安心して使えますよ。
 また、自分に必要のないレメディーを摂っても、エネルギー情報が通り過ぎて
 行くだけなので、悪い影響は全くありません。

☆咳のレメディーだけでも、何十種類という数のレメディーがあります。
 何十種類ものレメディーの中から、咳をしている「その人」に合った
 レメディーをホメオパスは見つけていきます。
 もちろん、家庭での日常的な軽いケガや病気なら、セルフケア用キットを
 購入して、お母さんがレメディー選びをできるようになっていけますよ!


世界でのホメオパシーって?

☆ヨーロッパでは、ホメオパシーは日本の漢方薬のようにポピュラー!
 ドラッグストアでは、セルフケア用のレメディーを手軽に買うことが
 できます。
 ホメオパスも、日本の鍼灸師のように、自然療法を担う当たり前の

 存在です。

☆イギリスでは、ホメオパシーが国民保険の対象になっています。
 また、エリザベス女王など王室のメンバーがホメオパシーを使っていることが
 有名ですね。

 女王様は、外遊時も、60種類のホメオパシーのレメディーセットを持参されるとか。

☆インドでは、現代医学、アーユルベーダと共に、ホメオパシーが第一医学として

   認められています。
 たくさんの優秀なホメオパスが活動しており、たくさんのホメオパシー大学・
 病院があります。